水曜どうでしょうのパロディ動画”篤はどうでしょう”とは!?

当番組について

水曜どうでしょうをパロディ化した番組である「篤はどうでしょう」は2006年12月30日から始まりました。軽い気持ちで始めた当番組ですが、制作し始めて早や4年が経ちました。

当番組のスタイルは本家「水曜どうでしょう」の企画を自分たちで出来る限り近づけつつアレンジして制作しています。基本的にはオリジナル企画は行わない姿勢です。このような拘りがあるのです。
「奴らは次、水曜どうでしょうのどの企画をやるのだろうか?」このように最新作を予想しながら楽しんでくれているファンもいますので。。

そして回数を重ねるごとに番組のクオリティも上がり、より”どうでしょう”らしくなってきたのではないかと思っています。水曜どうでしょうファンの方から見れば厳しく評価されてしまうかもしれませんが、ちょっと気楽に見ていただければ「クスッ」と心で笑えると思います。

ホームページの立ち上げ

そして2010年、当番組の自称ファン1号の方が、北海道に住んでおられる本物の”どうでしょう”ファンの友人に当番組を見せました。北海道は”水曜どうでしょう”の本家なので厳しい評価と予想していましたが、なんと98点の高評価をいただき、ホームページの立ち上げまで勧められました。モチベーション上がりまくりです。

そして番組のホームページの立ち上げとなり、いよいよ全国進出を狙って行く事となりました。2010年は”篤はどうでしょう”にとって大きく飛躍する年にしたいと思っています。

当番組の信念

「篤はどうでしょう」は水曜どうでしょうをパロディ化した番組であるのですが、タイトルの通り篤さんが主役であり、彼の成長を追っていくという番組の意図があります。まだまだ20代前半の彼には何かのキッカケになればと思う親心です。実際、篤さんは番組を始めてから、人間的に大きく成長したと実感しています。体重はそれ以上に育ってきていますが・・・

そして、サイコロ2で当番組のミスターが「志を持って番組を作る」という名言を残しました。この信念を背に、ただ自分たちの娯楽で番組を作るのではなく視聴者に楽しんでもらうために我々は「志」を持って制作しています。

クセのある番組なので好き嫌いはあると思いますが、1人でも「見たい!」と言うファンがいる限り我々の旅は終わることがないでしょう。水曜どうでしょうの大泉氏の名言、「一生どうでしょうします」 我々も同じ船に乗った思いで番組制作を続けていきますので、今後も宜しくお願いします。

 

PS. この番組を通して、ものごとを「継続」させる大切さを遠まわしにでも感じて欲しいと思っています。 なんにしても始めることは簡単なのですが、それを継続させることが最も難しく困難なことです。それが例え他人からして意味がないことでも継続し続けることで、何かを掴むきっかけになり自分が大きく成長できます。

我々はこの番組を通してファンの方々ともに成長していければと思っています。

トップページへ戻るなら押せ

どうでしょう 動画 ミスター挨拶 twitter
携帯電話待受け画像

篤はどうでしょうのイラストが携帯電話の待受け画像にできるよん。
携帯待受け画像がほしいなら押せ>>

お知らせ
SONY VCL-HG1758

ビデオカメラVX2000に装着できるテレコン「SONY VCL-HG1758」を探しています。と言うかください!あつかましくてすみません。「いいよっ!」という方はご連絡下さい。

篤助