篤はどうでしょう 第3作品 サイコロ2

2007年 5月

四国サイコロの旅から
早や4ヶ月
再び「サイコロの旅」が戻ってきた。

舞台は京都

溢れる都会の人ごみの中
3人はサイコロが導いた1/6の一本道を
大きく広がる青空を見上げながら、ひた進む。

京都の交通社会の荒波にもまれて
ミスターの精神状態は時を追うごとに崩れていく。

これは「篤はどうでしょう最高傑作」といえる旅である。
(*DVDパッケージ裏面より)

サイコロ2の見所など

サイコロ企画の第二弾。水曜どうでしょうのサイコロの旅をアレンジした作品であり、舞台は京都で行われた。ルールは京都のお寺5箇所がクリアポイントとなっており、24時間以内にクリアポイントを全て回りきればクリアーとなる。24時間以内にクリアーできなければ恐怖の罰ゲームが待ち受けているのである。

篤はどうでしょうでは「サイコロ」は明治のミルクキャラメルを使用していない。これは明治のミルクキャラメルを買うのを忘れていたためと、前回の四国での思い出のサイコロを使いたいという制作スタッフの意図があるため。

京都中を市バス、タクシー、徒歩で移動。この旅は記憶に焼きつくぐらい苦しい企画だった。時間の経過とともに顔がゆがむ2理の表情に注目して欲しい。振り返っても、このサイコロ2はしんどかった。

そして、この作品はまだ篤くんのトークが冴えていない時代であり、ミスターを中心として番組が遂行していく様も中々おもしろい。マニアックな作品の見所は何と言ってもミスターのトーク。この作品から数々のミスター名言が生まれたのである。ミスターの名言には注目してほしい。おそらく心の中で”クスッ”っとくるだろう。

本作品は、篤はどうでしょうの中で最も「おもしろい!」といわれている作品であり、代表作と言える作品となっている。篤はどうでしょう当初の作品なので制作クオリティは今と比べれば低いといえるのですが、内容的なクオリティは高い。

サイコロ2

2007年公開作品  撮影日時:2007年5月  映像時間:約65分

  • どうでしょう動画
  • どうでしょう裏話

トップページへ戻るなら押せ

どうでしょう 動画 ミスター挨拶 twitter
携帯電話待受け画像

篤はどうでしょうのイラストが携帯電話の待受け画像にできるよん。
携帯待受け画像がほしいなら押せ>>

お知らせ
SONY VCL-HG1758

ビデオカメラVX2000に装着できるテレコン「SONY VCL-HG1758」を探しています。と言うかください!あつかましくてすみません。「いいよっ!」という方はご連絡下さい。

篤助