篤はどうでしょう 第6作品 クイズ試験に出るどうでしょう

2008年 5月

中・高・大学入試レベル問題と
難易度で獲得得点が分かれたクイズを答えていく。
制限時間は24時間・クリアーポイント200点

最初から思わぬ迎撃を見せた恰幅(かっぷく)のよい眼鏡の男は
のりに乗っていた。

「ちょろくないすか?」
そう罰ゲームを知るまでは・・・

 

企画が進むにつれ一人の男が崩れだした。

「ええじゃないか」

狭い車の空間で発した一言から動乱が勃発し
企画は思わぬ方向へと進んで行く。

カメラの男は言った・・・
「これは反乱ですよ」

「水曜どうでしょう」らしく仕上がった今回の作品。
両方の「どうでしょう」ファンに贈る改進の作品をご覧下さい。
(*DVDパッケージ裏面より)

クイズ試験に出るどうでしょうの見所など

タイトル通り水曜どうでしょうの”クイズ試験に出るどうでしょう”をまんまパクってしまっている企画。本家、水曜どうでしょうと同じように、問題に答えられなければ、その土地に行って答えを回答する、活きた学習ができる企画。この企画では歴史を出題問題としている。

問題の難易度により正解での獲得点数が異なり、合計で200点を達成すればクリアーとなる。制限時間は24時間。今回もクリアーできなければ恐怖の罰ゲームが待ち受けている。

篤さんの学生服が中途半端になってしまった。まーカメラでは主に上半身を撮影するのでよしとしてほしい。持っている人探すのが大変だったのです・・・

見所は何といっても前編のミスター。この男により大きく趣旨がズレてしまう。「ええじゃないか」のフレーズに注目して欲しい。後編では罰ゲームを賭けた男3人の壮絶な戦いが描かれている。この作品は篤はどうでしょうの中でもトップ3に入る人気作品である。

ゴールデンウィークなどの大型連休に行われる通称”大型企画”とファンの方々から呼ばれているロケであったので、制作にも気合が入った思い入れのある映像です。制作のクオリティも大きく向上した作品であり、制作側としては制作技術のちょっとした進化なども見て欲しい部分である。

クイズ試験に出るどうでしょう

2008年公開作品  撮影日時:2008年5月  映像時間:約47分

  • どうでしょう動画
  • どうでしょう裏話

トップページへ戻るなら押せ

どうでしょう 動画 ミスター挨拶 twitter
携帯電話待受け画像

篤はどうでしょうのイラストが携帯電話の待受け画像にできるよん。
携帯待受け画像がほしいなら押せ>>

お知らせ
SONY VCL-HG1758

ビデオカメラVX2000に装着できるテレコン「SONY VCL-HG1758」を探しています。と言うかください!あつかましくてすみません。「いいよっ!」という方はご連絡下さい。

篤助